冷凍車が活躍する業種

さまざまな温度の管理が可能な冷凍車です。0℃も可能ですし低いとマイナス25℃程度まで冷やせます。マイナス25℃が必要な食品と言うと、冷凍肉類や冷凍の魚、アイスクリームです。マイナス25℃程度まで下げられるタイプを超低温冷凍車と言います。荷物によってはそこまで温度を下げる必要はないです。
トラックのエンジンをストップしても冷凍機能が継続する冷凍車と、エンジンをストップすると冷凍機能まで停止する冷凍車が両方存在します。後者の場合はエンジンの回転でコンプレッサーを回すので、いつでもエンジンを付けっ放しにしていないと、冷凍装置がストップしてしまいます。そのために駐車中もエンジンはアイドリングしており、燃費は非常に悪くなります。
高度なシステムを持っている冷凍車です。当然ですが機械系のトラブルが通常のトラックよりやはり多いと言えます。その点だけはデメリットと言えそうです。手入れの部分も増えていくので、維持管理費も余分にかかるデメリットもあります。日常的な扱いも丁寧にする必要が出てきます。

バラエティー豊かなサイズがある冷凍車です。コンテナの形状も豊富に設計されています。ウイングが開く荷台を搭載している冷凍車も走っていますし、ワゴンタイプの冷凍車も存在します。もちろん軽の冷凍車も存在します。日用食品の宅配ビジネスにも利用できるタイプも走っています。
冷凍車のエンジンを停止した瞬間に冷凍装置の電源まで切れては意味が無いため、このごろの冷凍車は特に大型にモデルになると、冷凍装置のサブ電源が車体とは別に準備されています。中にはハイブリッドの蓄電源をエンジンオフ時の電源に利用している冷凍車もあるくらいです。
2000年辺りでは4トンロングの燃費効率は3キロほどしかなく燃料費が大変でした。冷凍車も例外ではありません。しかし2010年ごろになると燃費が1リットル7キロほどに改良されます。冷凍車も改善されました。今はハイブリッドトラックがリリースされ、燃費効率も1リットル11キロほどに伸びました。冷凍車の場合でも同様に改善されています。

冷凍食品などを配送する際には冷凍車が活用されるのですが、冷凍車の仕様で運搬する荷物の限界があるため、用途に適した車両をチョイスして買うようにして下さい。もちろんスペックが優れていると価格も高くなる確率が多いので、用途以上のものは要りませんが、最低限の機能は必要になるので気をつけて選ぶようにして下さい。
今はハイブリッドの冷凍車も登場しており、エンジンを止めている間は、ハイブリッドの電源を使ってコンテナ内を氷点下に維持できる自動車まで出ています。非常に効率的に荷台の中を冷却できます。荷台内にも独立した冷凍装置が用意され、車種によってはマイナス25℃くらいまで冷凍ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*